季節の花

HOME» 季節の花 »ハロウィン

季節の花

ハロウィン

ハロウィン

 

ハロウィン

 

ハロウィン ハロウィン

 

ハロウィン
ハロウィンハロウィンとは、もともと古代ケルト人の宗教的なお祭りが紀元と言われています。古代ケルト民族は10月31日を1年の終わりとしており、この夜に収穫物を荒らす精霊や悪霊が舞い降りると信じられていました。そんな精霊や悪霊を追い払うために始まったのがハロウィンの元となるお祭りです。
カボチャの中身をくりぬいて造られた「ジャック・オー・ランタン」は、死者の霊を導き、悪霊を寄せ付けないためのものでした。日本で言うところの、お盆の迎え火や送り火のようなものかもしれませんね。

アメリカではかなり前から民間行事として定着していますが、本来の宗教的な意味合いは薄れ、一種のイベントとして親しまれています。子どもたちが仮装して「Trick or Treate!(お菓子をくれないといたずらするぞ)」と言いながら近所の家を回り、お菓子をもらうという風習も今ではよく知られていますよね。
ハロウィン
ハロウィンジャック・オー・ランタン(Jack-o'-Lantern)は、「ランタン持ちの男」という意味で、アイルランド・スコットランドに伝わる鬼火のような存在です。

《作り方》
1.カボチャの底を丸く切り取ります。
 ※切り取った部分は後で使うので、捨てずに取っておく。
2.スプーンやカッターナイフを使って、かぼちゃの種を取り出します。
 ※新聞紙などを敷いてすると床やテーブルが汚れません。
3.カボチャの表面にマジックで表情の下書きをして、カッターで切り抜きます。
 ※マジックの線の外側を切り抜くと跡が残らずキレイに仕上がります。
4.1で切り取った底部分に小さなキャンドルを取り付け、カボチャをかぶせます。
 ※火に気をつけてください!

かぼちゃは生ものなので、穴をあけると3~4日でシワシワになってしまいます。
そのため、作るならハロウィン前日がベストです!
ジャック・オー・ランタンにするまではかぼちゃのまま飾るのもいいかもしれませんね^^♪
 
お問い合わせ